東宝土地株式会社

東宝土地トップ > 東宝土地株式会社70周年

私たち東宝土地グループは、お蔭様で2018年(平成30年)6月をもちまして設立70周年を迎え、さらなる一歩を歩み始めております。これもひとえにお客様各位のお引き立ての賜と心より感謝申し上げます。

不動産の流動化・流通を適切に確実に実現させることを通じて皆様のお役に立ち、これにより社会に貢献することが当社の役目です。そして「迅速」「親切」「確実」が、創業以来創業者から受け継がれてきた当社のモットーです。

不動産の流動化・流通には、人間にそれぞれ個性がありますように、多岐・多様な事象が生じます。そのなかで、当社は創業以来銀行店舗出店の際の用地買収・斡旋において300有余店の実績をはじめ、その他日本全国で数多くの業務用地(ビル用地、工場用地、倉庫用地等)の仲介の経験を積み重ねて参りました。この経験に基づき、依頼者へのベスト・アドバイス(親切)を、スピーディー(迅速)に、確実に、を実践して参ります。

そして、さらに、過去の経験と、現在も受け継がれてきました創業の精神を、次の世代へ継承して参ります。

何卒、倍旧のご支援、御愛顧を賜りたく心よりお願い申し上げます。

東宝土地株式会社 
代表取締役 髙橋重法

土地を取得したい、売却したい、ひとことで言えばそういったご要望でも、お客様が置かれている状況で方策が全く変わってきます。例えば、売却価格が希望に沿わない場合や、取得希望の土地価格が投資に見合ったものとは言えないケースでは、それら問題を表面的に見るだけでは、取引を諦めるという結論しか導き出す事ができません。
私たち東宝土地は、そのような案件を広い視野で見つめ直し、問題の根源は何か、物事を深く掘り下げて熟考し、解決策を導き出す事により、土地にまつわる難題を霧が晴れるように解消することで、数多くのお客様との信頼関係を築いて参りました。

隣接地の買収は、慎重に話を進めなければならないとてもナーバスな事案と言えますが、そのような取引において依頼者と隣接地所有者の関係を良好に取り持つのも当社の役目です。とりわけ隣接地買収は、当初から双方の利害が一致しているケースはほとんどなく、長い時間をかけて粘り強く交渉をしなければならない代表的な案件と言えます。
 東宝土地では、長期に亘る案件でも、専任の担当者が最後まで責任を持って交渉に携り、確かな信頼関係を築くことを大切にし、土地取引に関わった全ての人に満足いただけることを旨としています。

新築ビルの増加などの周辺環境の変化やビルの老朽化による入居率の低下、加えて耐震補強や修繕費など維持管理費の増大に伴うビルの収益率悪化に苦慮するケースが増えつつあります。そのような物件の抱える経済的な問題を解消する為のコンサルティング業務も東宝土地にお任せください。
当社では、課題を抱えるビルそれぞれのケースを十分に考慮して、入居率の向上を目指すのか、またはその物件を売却するのかといった、あらゆる案を検討し、それに伴う借家人の移転先の斡旋等、顧問弁護士と協働して、法的解決も含めた最良のプランをご提案します。

旧借地法時代からの長期に亘る貸地においては、貸主・借主間に様々な問題が生じ、土地の有効利用を阻害していることがあります。そのような土地をそのまま放置しておくのは経済的に良策とは言えませんし、今後起こり得る問題を想定するならば、複雑な権利関係を整理しておくに越したことはありません。
しかし、借地権等の権利整理は関係者間の意見調整が難しく、且つ人の心情を大切にしなければならないデリケートな問題です。
 東宝土地は、このような問題にも、提携する専門家(弁護士、税理士等)と共に誠意をもって取り組むことで、全ての関係者が満足できる方策を導き出し、解決することをお約束します。

土地区画整理事業を実施しようとする地域には、多数の権利者が存在し、あらゆる法令で個々の権利が守られています。土地区画整理事業を遂行するには、数多くの権利者と誠実に向き合い、粘り強く交渉を重ねて信頼関係を築いていかなければなりませんが、それこそが、当社が得意とする分野です。また、施行後の経済効果を予測するための判断材料として、近傍地や類似ケースの価格調査報告も行っています。
東宝土地は、このような大型事業の基礎となる業務を数多く手掛け、行政・大手ゼネコンから厚い信頼をいただいています。

事業の転換などにより、活用ができていない土地があれば、ぜひ、東宝土地にご相談ください。土地はその場所に見合った特性を見つけ出して適正に運用すれば、必ず利益を生み出すものといっても過言ではありません。言い換えれば活用する事なく放置している土地があれば、それは利益を得る大きな機会を損失しているとも言えます。東宝土地では、そのような土地が健全な資産となるように、社会情勢や近隣の状況を考慮するなど徹底的なマーケティングを重ねて、将来を見据えた遊休地の適切な有効利用方法を導き出すことを得意としており、数多くの成功実績を有しています。

お客様の事業の発展や方向性の変化により、事業所の移転を計画される場合、東宝土地は、お客様の事業内容や労働力確保の観点など多角的な視野からあらゆる事象を見据えて、最も適した事業用地を探し出す事に自信を持っています。 また、土地を扱うプロフェッショナルとして、誰もが見過ごしている土地の問題点を見つけ出し、お客様の事業とその事業用地のミスマッチを解消すべく、土地を売却する側、取得する側双方にとって有益な土地の取引をマッチングすることも、より良い経済活動のために私たちがしなければならない使命であると考えます。

 時代の流れはますます加速して、不動産取引に於いても今までに経験したことがない局面が次々と訪れることが予想されます。私たち東宝土地は、これから迎える未来に向けて、創業以来長きにわたり築いてきた信頼関係を大切にし、ノウハウを最大限に活かして、今後新たに生じる問題に知恵を絞って、必ずご満足いただける取引ができるように弛まぬ努力を続けてまいります。土地の取得や売却、不動産投資など、土地・不動産に関わる案件は、まずは東宝土地にご相談ください。